移動支援従事者(ガイドヘルパー)養成研修5月コース初日

ガイドヘルパー養成研修の5月コースの初日。

今回、受講されている方は高校生からすでに福祉施設で勤務されている方まで幅広い層にご参加いただきました。

 わわの講座は知識・スキル面だけでなく、自分自身の思考・考え方など支援者自身の「自分を知る」をいったところまで掘り下げていける研修にしてます。

 3日間という短い期間ですが、少しでも今後の支援の向上につながればと願っています!!

 

 

自閉症支援eサービス 南大阪始まりました。 

5月13日(日)自閉症eサービス 南大阪連続講座の第一回目が和泉シティプラザで開催されました。

講師は中山清司先生で、「自閉症支援の新たなトレンド」がテーマでした。

海外、日本の自閉症理解(混乱と整理)の歴史を振り返ったうえで、今は施設入所の時代から地域での生活への支援が中心となりました。

 自閉症支援についても標準的な療育・支援技法がわかってきて、事業所・支援者も各自がゼロから迷い模索して始めの数年を費やすという時代ではなくなった。(今では益になったといえますが、僕も見当違いのアプローチしてました💦)

これから必要になる視点は、地域での生活を前提にした「ロングライフサポート」の視点で利用者への支援を考えていかなければならないということでした。

その他、例えば支援者が「言葉でわかる子」というその子が、本当にどこまで理解しているか?言葉?実物?ジェスチャー?何で理解しているか?(身近にいる人でも、その線を明確に言えるのはむつかしい)

それを知るための評価キットの使用の実例を見していただけました。

 

私たちは利用者の人生全体レベルで支援を考えたとき、一事業所では限界があり「連携・つながり」に目を向ける必要があり、研修や保護者会等をとうして価値?意識の共有や互いに合わせていくことも大切だと痛感しました。

 

【お知らせ】

中山清司先生には、7月26日(木)10:30より「自閉症スペクトラムの方とのコミュニケーション」についての、わわのわ勉強会の講師をしていただきます。詳細は後日お知らせします。

 

 

 

送迎開始

続きを読む

大阪城公園

続きを読む

デイの活動♪

続きを読む

初詣

続きを読む

WORKSすぎなさんの勉強会

続きを読む

大浜公園♪

続きを読む