今の「自閉症理解」とは!?

8月わわのわ勉強会開催いたしました。

 今月は自閉症eサービス代表中山清司先生に「自閉症の理解と支援」のテーマでお話しいただきました。

 

 講義を聞いて思ったことは発達障害・自閉症の一般的にも認知が進んだ今、私たちが「自閉症の理解」を示すとき、それは「障がい特性を知る」で終わるのでなく、「自閉症理解=正しい評価」に来ている段階だと感じたことです。

 

 

 ここでいう「正しい評価」とは、どんな人で何が理解できていて、何が理解がが難しいかを(客観的な方法・ツールを用いて)知ることです。

 これをおろそかにして、おのおの個人の印象的な評価で支援アプローチすることは「わかってるのにしない人・子」といった誤解・混乱を招いてしまう危険性がでてきます。

 その方の理解の度合いを知って強みに着目した適切な支援を計画するならば、第一印象から判断してしまいがちな印象をはるかに超えた能力と可能性の広さを知ることができました。

ぜひ支援していくものとして、

「正しい評価・理解→適切な支援アプローチ→強みの発揮」

といいサイクルとなるような支援をしたいですね。

 

 こういった実践報告も踏まえた研修は、自閉症eサービスの南大阪連続講座でも月一回行っていますので、是非チェックしてみてください!→「自閉症eサービス」で検索

 

なお、次回のわわのわ勉強会は、8月24日に開催されるブレストフェスティバルにて、ブレストワークさんと協同で「社会資源を知ろう」と題し、児童~成人まで各サービスの内容を各担当事業所から説明してもらう勉強会となります。